適性検査を受けてからレーシック

レーシックの適性検査では角膜の状態や近視や乱視や遠視の有無、また眼球の硬さ・視力・涙の量などを検査します。
この適性検査には約2〜3時間必要となりますので、時間に余裕のある日に検査の予約を入れておくようにしましょう。 レーシックの一番の大きなリスクとしましては、その確率はほぼ無いと言ってもいいですがやはり失明というリスクがあります。
しかし実際に失明をしたという例は無く、多くの人が視力を回復し普段の生活を眼鏡等を必要とすることなく送っているのです。
レーシックを受けるかどうかを決定するためにレーシック手術前には必ず適性検査が行われます。
「レーシックに耐えることが出来る眼かどうか」「眼に病気や疾患は無いか」などを検査をします。

 

適性検査を行う時に気を付けなければならないことは、ソフトレンズコンタクトは1週間前、ハードレンズコンタクトは2週間前から使用をしてはいけないということです。
手術の前はメガネを使った生活をして、正確に適性検査を行うための準備をしておきましょう。



適性検査を受けてからレーシックブログ:27 11 2020

「ウエストが減ったなあ。甘いものが食べたい!」

コンビニやスーパーに行けば、
おいしそうなスナック菓子がずらりと並んでいます。

チョコレート、アイス、デザートなど
どれもおいしそうです。

しかし、どれも減量によくないことは、
今更言うまでもありませんよね。

砂糖も油分も多すぎ。
その上、ビタミンやミネラルはほとんど含まれていません。
スナック菓子のすべては、
減量の敵であり、美容を損なうものです!

大量の砂糖が含まれているため、食べたあとの血糖値も急上昇し、
健康にもよくありません。

でも、
スナック菓子に限っておいしそうに見えますから、
誘惑を振り切るのが大変ですね。

もし、甘い物を食べたいと思ったら
「スナック菓子コーナー」へ向かう足取りを
「果物コーナー」へ方向転換してください。

スナック菓子にするなら「果物」こそ最適です。
まず果物の甘みは、砂糖とは違い、腹持ちをよくします。

スナック菓子に含まれる砂糖は血糖値を急上昇させますが、
果物の甘みは血糖値の上昇がゆるやかなので健康的です。

また、
果物にはビタミンCや食物繊維も含まれているため、
美容にもつながります。

そして、忘れてならないのは
「消化酵素」が大量に含まれているということです。

そもそも果物は消化がよいため体への負担が小さく、
栄養の吸収もとてもいい食材です。

今日からスナック菓子と言えば、果物にしましょう。

さまざまな果物をスナック菓子として取り入れ、
おいしさを楽しみながら、美しくなりましょう!


 
なんと交通費を貰えるクリニックもある レーシックが原因でのドライアイ レーシック後の視力維持は本人次第 レーシックの紹介制度を有効活用 適性検査を受けてからレーシック