レーシック後の視力維持は本人次第

レーシックは現時点の視力を矯正する治療法であり、矯正された視力の維持までは保証をしていません。
一般的な近視の場合におきましては、近視の進行というのは20代後半で止まるとされているので、20代後半にレーシックを受けた人は視力が元通りに戻ってしまうことはほぼありえません。 最近非常に多くの芸能人やスポーツ選手がレーシックによって視力を取り戻しています。
その影響もあってか一般の人達もレーシックに興味を持ち続々とレーシックを受けているのです。
レーシックによって視力を回復することは可能ですが、生活習慣などによりましては再びレ ーシックを受ける時と同じ視力まで戻ってしまうことがあります。
中にはレーシックを受けた時以上に視力が悪化してしまうなんてこともあるので覚えておきましょう。

 

現在20歳未満の人がレーシックを受けたとしても近視が進行中だった場合には、一時的に視力が矯正されたとしても、元々の視力に戻ってしまうことがあります。
もしレーシックを考えているのでしたら、なるべく20代後半頃になってから受けるようにしましょう。



レーシック後の視力維持は本人次第ブログ:29 12 2020

シェイプアップするときには
「ラーメンはダメ!」
「揚げ物はダメ!」
「ケーキやアイスもダメ!」
…など、
「食べてはいけない」ということに目が行きがちですよね。

みなさまは、どうですか?

そのこと自体は間違っていないのでしょうが、
これをそのまま受け取ってしまうと…
「食べてはいけない」
  ↓
「好きなものが食べられない」
  ↓
「ガマンしなくちゃいけない」
  ↓
「つらい」
という、世間一般でも連想されがちな、
シェイプアップ=「つらい・苦しい」
と言うイメージになってしまいます。

短期的に、
「1ヶ月だけ死ぬ気で頑張ってシェイプアップするんだ!」
というなら耐えられるのかもしれません。
(私にはできませんけれども…)

でも、その後はどうするんですか?
人間はずーっと何十年も生きていかなければなりません。
苦しさに耐え、1ヶ月だけ爆発的に頑張って痩せても、
その生活をやめてしまえば、
元の木阿弥です。

いやそれ以上に、過激な食事制限をすると
筋肉が落ちて、代謝も減ってしまい
残るのは、太りやすい肉体だけです。

そして元の生活に戻すと、
前より体重が増えて、脂肪も増え
シェイプアップ前よりもブクブクの肉体になってしまいます。

だからこそ、シェイプアップというのは
長く続けられる方法でなければならないんです!

それなのに
シェイプアップ=「つらい・苦しい」
と思っていたら、
それをずっと続ける自分の人生は
ずーっと「つらく・苦しい」
ものになってしまいます。

これでは、
シェイプアップを長く続けるモチベーションが続きませんよ!

ニンニン

 
なんと交通費を貰えるクリニックもある レーシックが原因でのドライアイ レーシック後の視力維持は本人次第 レーシックの紹介制度を有効活用 適性検査を受けてからレーシック