レーシック後の視力維持は本人次第

レーシックは現時点の視力を矯正する治療法であり、矯正された視力の維持までは保証をしていません。
一般的な近視の場合におきましては、近視の進行というのは20代後半で止まるとされているので、20代後半にレーシックを受けた人は視力が元通りに戻ってしまうことはほぼありえません。 最近非常に多くの芸能人やスポーツ選手がレーシックによって視力を取り戻しています。
その影響もあってか一般の人達もレーシックに興味を持ち続々とレーシックを受けているのです。
レーシックによって視力を回復することは可能ですが、生活習慣などによりましては再びレ ーシックを受ける時と同じ視力まで戻ってしまうことがあります。
中にはレーシックを受けた時以上に視力が悪化してしまうなんてこともあるので覚えておきましょう。

 

現在20歳未満の人がレーシックを受けたとしても近視が進行中だった場合には、一時的に視力が矯正されたとしても、元々の視力に戻ってしまうことがあります。
もしレーシックを考えているのでしたら、なるべく20代後半頃になってから受けるようにしましょう。



レーシック後の視力維持は本人次第ブログ:14 11 2020

ストレスが溜まってしまった時に、
食べて解消しようとする女性は多いようですね。

好きなものを食べて、
すぐに忘れてしまう程度なら、特に問題はないと思いますが…

あたしの友人には、
ストレスで過食症になってしまった人がいます。

その友人は、
高校を卒業して就職しましたが、
人間関係が上手くいかず生活も不規則だった為に、
ものすごくストレスが溜まって、
太ってしまったんです。

友人は悩み事があると、
おかしを食べてストレスを解消していたようです。

こんなに食べていたら太ってしまうと思うと
また余計にイライラしてしまい、
更に食べてしまうという悪循環を繰り返していたわけです。

そのせいでものすごく太ってしまったのですが、
今度は痩せなくては…ということで、
無理なシェイプアップを行なって、
6ヶ月で20kgも減量したそうです。

でも、そのような極端なシェイプアップでは
美しく痩せられるはずもなく、
ガリガリで見た目にも痛々しいくらいになってしまったそうです。

その後、これではいけないと
自分の大好きな服飾関係の仕事に転職しました。

すると、
すっかりストレスもなくなり、
仕事が楽しくなって
暴飲暴食することもなくなったそうです。

今では、きちんと自炊をして
一日3食の食べる事をバランスよく、
時間をかけて食べているそうです。

きちんと日々朝食を食べて、
一日の食べる事のバランスをとることが、
ストレスのたまりやすい人には大切なことみたいです。

しっかり朝食を食べることで、
一日のバイオリズムが整って、
体の調子も整い、ストレスも感じなくなると思いますよ。


 
なんと交通費を貰えるクリニックもある レーシックが原因でのドライアイ レーシック後の視力維持は本人次第 レーシックの紹介制度を有効活用 適性検査を受けてからレーシック